非定型うつ病は若い世代に多い症状

薬物療法

非定型うつ病の治療方法は、一般的なうつ病と同じで薬物療法と精神療法になります。
薬物療法では、抗うつ剤を処方されます。抗うつ剤というのは、脳から発信する神経伝達物質の働きを高める効果があります。
神経伝達物質というのは、脳から体に信号を送るという大事な役割をしていますので、体内の働きを活発にさせるという作用もあります。
うつ病の人は、神経伝達物質のバランスが崩れていることによってやる気が出ないなどといったことが起こります。
そうなれば、普段の生活に大きく支障が出ることになりますので、うつ病の症状はどんどん悪化していくことになります。
このような状態から抜け出すには、脳からの神経伝達物質のバランスを薬で整えるしかありません。
ですから、非定型うつ病に関しても神経伝達物質のバランスをよくする為に抗うつ剤を飲むということになります。

他にも、気持ちに不安定さが出てしまうので、気分を安定させる気分安定薬も処方されます。
うつ病に比べて、良いことがあれば一時的に気分が上がりますが、少しでも不安なことを思ってしまうと気持ちが不安定になります。
こういった状況が続けば、体に大きな負担が出てしまいますし、最終的には気持ちのコントロールが出来ない状態になってしまうので安定させる薬は必要です。
必要ならば、睡眠薬なども併用することになります。睡眠薬というのは、正しく睡眠を取る為の薬になりますので、過眠症であっても処方されます。
これらの薬を飲むことで、徐々に症状が緩和されていくと言われていますが、効果があまり感じられない時は別の薬になることがあります。